医療統計推進協会

AGREEMENT規約

〇医療統計推進協会 個人会員規約

本規約は、サービス利用者と一般社団法人医療統計推進協会(以下「当協会」という)との間の、当協会が医療統計を推進するために提供するサービス(以下、当サービス)の利用に係わる一切の関係に適用します。

サービス利用者が当サービスを利用した場合、その利用者は個人会員規約に同意したものとみなします。本サービスをご利用になる方は、必ず全文お読みくださいますようお願いいたします。


第1条(本規約の範囲)

本規約は、当サービスに会員登録された全ての会員(以下「会員」という)に適用されます。なお、当サービスに関して、当協会が本規約の他に別途定める諸規定や利用条件等も、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。

第2条(定義)

  1. 「会員」とは、当協会の指定する手続きに基づき、本規約を承諾のうえ当協会所定の方法にて当サービスの利用を申し込み、当協会がこれを承認した者とします。
  2. 「当協会」とは、一般社団法人医療統計推進協会のことをいいます。
  3. 「当サービス」とは、当協会が医療統計を推進するために提供するサービスのことをいいます。
  4. 「当サイト」とは、一般社団法人医療統計推進協会が運営するサイトをいいます。

第3条(本規約の変更)

当協会は、会員の承諾を得ることなく本規約を随時変更できるものとします。本規約の変更は、当協会が当協会のWebサイトに表示した時点でその効力を生じ、会員はこれに同意するものとします。

第4条(会員登録手続)

  1. 会員登録手続きは無料です。
  2. 会員登録は必ず当サービスを利用する利用者ご自身が行わなければならず、代理人による登録は一切認められません。
  3. 会員登録にあたっては、本規約を遵守することに同意し、かつ、当協会の定める一定の情報を所定のフォームで当協会に提供するものとします。登録する情報は、真実、正確かつ最新の情報を当協会に提供しなければなりません。

第5条(個人情報の取扱い)

  1. 当サービスでは、会員の個人情報を入力していただき、データベースに登録しています。ご登録いただいた個人情報は、当協会の個人情報保護方針に基づき、安全かつ厳密に管理いたします。
  2. お預かりした個人情報は、会員の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示、提供することはありません(法律等により開示を求められた場合を除きます)。

第6条(会員の承認)

当協会は、登録手続きを行った者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を承諾しない場合があります。また、承諾後であっても承諾した会員が以下のいずれかに該当することが判明した場合、承諾を取り消す場合があります。

第7条(会員番号およびパスワードの管理)

  1. 会員は、自己の責任において、会員番号およびパスワードを管理、保管するものとします。
  2. 会員番号およびパスワードの一方もしくは両方を、第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。
  3. 会員番号およびパスワードの一方もしくは両方の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用、盗用などによる不正使用等による損害の責任は、その一切を会員本人が負うものとします。これによって、当協会、会員本人、他の会員または第三者に損害、支払義務が生じた場合は、会員本人が、その一切の債務を支払うものとします。当協会は一切の責任を負わないものとします。
  4. 会員は、会員番号およびパスワードが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、直ちに当協会に連絡するものとします。

第8条(登録情報の変更)

  1. 会員は、登録情報に変更があった場合、速やかに変更の手続きを行うものとします。
  2. 登録情報の変更がなされなかったことにより生じた損害について、当協会は一切責任を負いません。また、登録情報の変更がなされた場合でも、変更前にすでに手続きがなされた受講等の申し込みは、変更前の情報に基づいて履行されます。

第9条(退会)

会員が当サービスを退会するときは、「お問い合わせ」から届け出るものとします。会員は、退会時に当サービス利用に関する一切の権利を失うものとします。

第10条(会員資格の停止、取り消し)

  1. 会員が次の各号のひとつにでも該当する場合は、当協会は会員に事前に通知および催告することなく、該当会員の会員資格を一時停止または取り消すことができます。
    • 登録時に虚偽の申告をした場合
    • 他人もしくは架空の個人情報を使って登録をした場合
    • 登録者がすでに会員である場合(二重登録を行った場合)
    • パスワードを不正に使用し、または他の会員・第三者にそれを使用させた場合
    • 当サービスないし当サイトの運営を妨害した場合
    • 会員に対する破産の申し立てがあった場合または会員が成年被後見人、被保佐人のいずれかであり、登録手続きが成年後見人または保佐人の同意を得ていなかった場合
    • 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    • 当協会の名誉を著しく毀損した場合
    • その他、当協会が会員として不適当と判断した場合
  2. 会員が前号各項のいずれかに該当することにより当協会や第三者が損害を被った場合、会員は当協会または第三者が被った損害を賠償するものとします。

第11条(禁止事項)

  1. 当サービスの利用に際して、会員が次の各号の行為を行うことを禁止します。
    • 公序良俗に反する行為
    • 犯罪的行為に結びつく行為
    • 当協会、他の会員または第三者の著作権その他知的財産権を侵害する行為または侵害する恐れのある行為
    • 当協会、他の会員または第三者の財産、信用、プライバシーを侵害する行為または侵害する恐れのある行為
    • その他、法律に反する行為
    • 当協会、他の会員または第三者に不利益を与える行為
    • 当協会、他の会員または第三者を誹謗中傷する行為または名誉を傷つけるような行為
    • 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に抵触する行為
    • 政治活動、宗教活動に該当する行為
    • 虚偽の情報を登録すること
    • 同一人物が複数の会員登録をすること
    • 本規約に反する行為または違反する恐れのある行為
    • 会員の地位および権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分すること
    • 会員番号およびパスワードを第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること
    • 当サービスを不正の目的を持って利用すること
    • 当サービスを個人的な使用の範囲を超えて利用すること
    • 当サービスを営利目的で利用すること、またはその準備を目的とした行為
    • 当サービスの内容を改ざんすること
    • 当サービスに有害なコンピュータープログラム等を送信または書き込むこと、その他当サービスの提供を妨害すること
    • 当サービスの運営を妨げたり、当協会の信用を毀損する行為
    • その他、当協会が不適当と判断する行為
  2. 前項各号に該当する事由があった場合には、当協会は事前に通知することなく会員によるサービスの利用停止、または会員登録の取り消しを行うことができます。これにより会員に何らかの損害が生じたとしても、当協会は一切責任を負いません。
  3. 会員が本条に違反して当協会に損害を与えた場合、当協会は、当該会員に対して被った損害の賠償を請求できるものとします。

第12条(情報の私的利用以外の禁止)

  1. 会員は、当協会が承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、当協会を通じ当該第三者の承認を取得することを含む。本条において以下同じ)を除き、当サービスを通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版、公開、その他いかなる方法においても会員の個人としての私的利用以外の使用をすることはできません。
  2. 会員は、前項に反する行為を、他の会員または第三者にさせることはできません。
  3. 会員は、営利の目的での当サービスの利用はできません。
  4. 本条の規定に違反して問題が生じた場合、会員は自己の責任と費用においてかかる問題を解決するとともに、当協会に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第13条(権利侵害の禁止)

  1. 会員は、当サービスにおいて情報を公開する場合、当協会、他の会員および第三者の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれに限定されない)・名誉・信用または、その他の権利を侵害しないものとします。
  2. 前項に規定する権利が、その権利者の許可なしに会員により使用されている場合、当該会員はこれによって生じる法的責任をすべて負担するものとし、当協会は一切の責任を負わないものとします。

第14条(当サービスの内容の変更および停止)

  1. 当協会は、会員への事前の通知なくして、当サービスの諸条件運用規則、または当サービスの内容を変更することがあり、会員はこれを承諾するものとします。この変更には、当サービスの内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限定されません。
  2. 当協会は予告なく当サービスを停止または中止することができます。当協会は、この変更、停止、中止など、これに起因する会員または他の第三者が被った損害については一切の責任を負わないものとします。

第15条(当サービスの一時的中断)

  1. 当協会は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、当サービスを一時的に中断することができるものとします。
    • 当サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を定期的または緊急に行う場合
    • コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    • 火災、停電、天災地変などの不可抗力により当サービスの運営ができなくなった場合
    • 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議などにより当サービスの提供ができなくなった場合
    • その他、当協会が停止または中断を必要と判断した場合
  2. 当協会は、前項に基づき当協会が行った措置により会員または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。

第16条(免責事項)

  1. 当サービスの利用に関する責任は全て会員が負うものとします。当協会は、会員に対し適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それにより責任を負うものではありません。当協会は、当サービスの利用により発生した会員や第三者の損害すべてに対し、いかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。
  2. 当サービスの内容は、当協会がその時点で提供可能なものとし、会員に対する責任は、会員が支障なく当サービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもって当サービスを運営することに限られるものとします。
  3. 当協会が会員の登録、掲載した情報を削除し、会員資格を停止、抹消し、当サービスを停止、中断、中止等したことにつき、当協会は事由の如何を問わず一切の損害賠償義務を負わないものとします。
  4. 会員の登録情報の不備等に起因して、当協会からの連絡や商品などの到着の遅延、あるいは不着があった場合でも、当協会は会員宛に通常到達すべき時に届いているものとみなし、これにより会員に不利益が生じても当協会は一切責任を負わないものとします。
  5. 通信回線やコンピューターなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他当サービスに関して会員に生じた損害について、当協会は一切責任を負わないものとします。
  6. 当協会は会員同士、会員と第三者、あるいは第三者同士のトラブルに対して、一切の責任を負わないものとします。万一、トラブルが発生した場合、当協会を含まない当事者同士で解決するものとします。

第17条(損害賠償)

  1. 会員が当サービスの利用によって他の会員や第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、当協会に損害を与えることのないものとします。
  2. 会員が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当協会に損害を与えた場合、当協会は当該会員に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第18条(協議解決)

当協会および会員は、本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

第19条(準拠法および管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因しまたは関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


○個人情報保護方針

一般社団法人医療統計推進協会(以下「当協会」といいます)は、「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」又は「法」といいます)に基づき、当協会が医療統計を推進するために提供するサービス(以下、「当サービス」といいます)の提供に伴って取得する、会員の個人情報(以下、単に「個人情報」といいます)の保護との適切な利用に関する個人情報保護方針を策定し、公表します。

■基本方針

当協会は、個人情報の取扱いに関して、個人情報保護法その他の関連法令を遵守し、行政庁が公表するガイドライン等に従った適切な取扱いを行うとともに、当協会が別途定める本個人情報保護方針に従った取扱いを行います。

当協会は、個人情報の利用目的を「個人情報の利用について[利用目的]」に掲げるとおり特定し、その達成に必要な範囲内で個人情報を取得します。

当協会は、取得した個人情報の漏洩、滅失又は毀損等を防止するため、個人情報の安全管理について十分な知識と経験を積み、当協会所定の「個人情報取扱誓約書」に署名した当協会スタッフのみが取扱いに携わること、委託先を監督することなど、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

当協会は、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、不要となったものは消去し、また、本人からの利用目的の通知の求め、開示、訂正、削除等の請求について適切に対応します。

当協会は、個人情報保護のため、継続的に講ずべき措置、本個人情報保護指針の内容を見直します。

■個人情報の利用について

[利用目的]

当協会は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲内で取得し、取り扱います。

サービス運用(認証、通知、質問等への対応を含みますが、これに限られません)

本サービスのアンケートの実施その他効果測定(必要なデータ分析を含みます)

本サービス(システムを含みます)の改善及び新サービスの企画、開発

本サービス及び新サービスのご案内(ダイレクトメールの送付・送信を含みます)

[第三者への提供]

当協会は、個人情報のご本人から同意を得ない限り、第三者にこれを開示し、又は提供しません。ただし、法令の定めによる場合その他個人情報保護法に定めがある場合は、この限りではありません。

[ダイレクトメール]

当協会は、[利用目的]に掲げる範囲内で、会員にダイレクトメールをお送りする場合があります(これらのダイレクトメールは、当協会からお送りします)。このようなダイレクトメールをご希望でない場合は、「■お問い合わせはこちらまで」記載のメールアドレス宛てにご連絡ください。送付を停止させていただきます。

[利用目的の通知の求め、開示等請求]

当協会は、個人情報保護法に則り、ユーザーの個人情報の利用目的の通知の求め及び開示、訂正、利用停止等の請求に対応いたします。当該求め又は請求の手続は、以下のとおりです。

・申し出先

下記メールアドレス宛てに、会員の氏名、住所、会員番号、メールアドレス(返信先)をご記入の上、請求内容(対象となる個人情報の内容を含みます)を具体的に記載してお申し出いただく必要があります。

Email:info@iryotokei.com

・申し出の方式、本人(代理人)確認方法

住民票を申し出に係るメールに添付してお送りください。

・回答方法

原則としてメールにてご回答差し上げます。なお、開示および利用目的通知については、下記手数料のお支払が完了したことを確認した後、ご回答させていただきます。

・手数料(開示、利用目的通知の求め)

5,000円(税込)/1件

■お問い合わせはこちらまで

一般社団法人医療統計推進協会における個人情報保護に関して、ご意見・ご質問等がございましたら、下記までご連絡ください。

Email:info@iryotokei.com

TEL:03-5283-2045(9:30~17:30 土日祝を除く)